敷地計画

快適性と機能性を高めた敷地計画。

都市の中にある集合邸宅に必要な要素…それは見た目の美しさや豪華さだけでは語れない、高い快適性と機能性かもしれません。
「グランドパレス宮崎ザ・セントラル」では、ここに住まう方々のさまざまなライフスタイルにお応えし、誰もが心地よくお過ごしいただける敷地計画を重視しました。
駐車場は全52邸に対し104%にあたる、全54台分をご用意。敷地の3方が道路に面した敷地形状のため、車での出入りの際のストレスを軽減するほか、
エントランスアプローチから出入りする歩行者との進入経路を分けることができる歩車分離型の設計のため、事故の危険性を防ぐことができます。
また、敷地内各所に植栽スペースを設けるなど、美しい景観づくりにも配慮しています。

敷地配置図

  • ナンバー1敷地内駐車場54台確保
  • 敷地内には平置13区画14台分と、機械式駐車場40台分をご用意しました。2台駐車可能な縦列駐車場も1区画確保しています。

  • ナンバー23方が道路に面した角地
  • 敷地の北側、東側、南側の3方が道路に面した角地のため、 車の出入り口を3ヶ所に設けるなど、利便性の高い敷地計画を実現しました。

  • ナンバー3歩車分離設計
  • 歩行者と車や自転車の進入路を分けた歩車分離型のプランニング。 お子様の外出の際にも安心です。

  • ナンバー450台分の駐輪場を設置
  • 敷地内に50台分の駐輪場をご用意しております。屋根付きで、雨による汚れや傷みを軽減します。

  • ナンバー5植栽計画
  • 美しい景観と、潤いある生活空間の創出に配慮し、敷地内各所に植栽スペースを設けました。さまざまな樹々や草花が、邸宅に彩りを添えてくれます。

  • ナンバー61階専用庭付き住戸
  • 1階住戸には、戸建感覚の充実したライフスタイルをご満喫いただける専用庭を設けました。
    ガーデニングや ペットのお散歩など、様々なシチュエーションに活用できます。

開放感とゆとりが感じられる居住空間の創出。

「グランドパレス宮崎ザ・セントラル」の居住空間プランニングにあたっては、開放感とゆとりが感じられるスペースの
創出を目指しました。 L字型の棟形状を活かし、全邸中約77%が2方向にバルコニーを有する角住戸としています。
また、バルコニーは最大奥行き3mとし、明るく、ガーデニングや洗濯などの際にも動きやすい広さを確保。
その他にも、居室内だけでなく、廊下やキッチンにも充分な収納スペースを設けるなど
効率的に、スマートに住まうための工夫を施しました。

奥行き最大3mバルコニー
  • ナンバー1奥行き最大3mのバルコニー
    ボーダー
  • 最大奥行き3mのバルコニーは、暮らしの夢を大らかに受け止める自由空間。
    リビングとの一体感やガラス手摺がさらなる開放感を演出します。
    ガーデニングはもちろん、カフェやパーティーの場として、
    楽しいライフスタイルの舞台となることでしょう。

フロアープラン
  • ナンバー1角住戸率 約77%
    ボーダー
  • 40戸が三面採光を実現した角住戸。全52戸に対し、約77%の角住戸率となり、 通風・採光性に優れた
    ライフステージを叶えます。

  • 角住戸率約77%
  • ナンバー1キッチンパントリー
    ボーダー
  • キッチンには食料庫として、また様々なアイテムの収納スペースとして便利なパントリーを設置しています。

キッチンパントリー
  • ナンバー1豊富な収納スペース
    ボーダー
  • ウォークインクローゼットをはじめ、浴室の物入など、各所に収納スペースを設けています。必要なところに必要な収納を確保することで、スッキリ広々した室内を実現します。

  • 角住戸率約77%
  • ナンバー1キッチン勝手口
    ボーダー
  • キッチンから直接バルコニーに出入りできる勝手口を設けています。ゴミ捨てや洗濯の際に便利です。

キッチンパントリー
  • ナンバー1浴室に窓を設置   ※Bタイプを除く。
    ボーダー
  • 窓を設置することで、効率的に換気ができ、快適な浴室環境が実現します。また、外の光を採り込むことができるので、より明るく、広々とした空間が実現します。

  • 角住戸率約77%
  • ナンバー1セパレート式の
          洗面室・脱衣室
    ボーダー
  • 洗面室と脱衣室を分離したプランニング。ご家族が入浴中でも、気兼ねなく洗面室が使用できます。

キッチンパントリー

※掲載の写真は現地付近の眺望にCGパースを合成したもので、イメージです。※パースは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なる場合があります。

PAGETOP